町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町で食べておきたいこの一皿(船堀)
溢宝居 特製風味の焼き餃子

溢宝居 特製風味の焼き餃子

Photo/Saori Kojima
Text/Ayako Futatsuya

香ばしく焼きあがった羽根付き餃子

 船堀駅の南側に立つトキビルは、地域住民には欠かせないスポット。エスカレーターで2階へ上がると飲食フロアが広がっていて、ぐるりと回ると「中華料理」と大きく書かれた赤いのれんのお店が見えてきます。ここは本場の中華料理をお手頃な価格でたっぷり楽しめる「溢宝居( いほうきょ)」。味とコストパフォーマンスのよさが話題を呼び、常連客が絶えません。

 もともと中国のホテルで腕を振るっていたという店主が作る料理はどれも本格的で絶品ですが、なかでも「焼き餃子が格別」だと評判。厨房から〝ジュー?という音が聞こえてくるだけで食欲をそそられます。ほどなく運ばれてきたお皿には、こんがりときつね色に焼けた立派な羽根が付いた餃子が円を描くようにのせられています。

溢宝居 特製風味の焼き餃子特集

 どこに箸を入れるかを迷いつつ、思い切って餃子をひとつ切り離したら、お酢とラー油が効いたしょうゆに少し浸して大胆にひと口で。パリパリと音を立てる羽根と、あんをたっぷり包んだ皮のもちもち食感の違いが楽しめます。かむほどに豚肉とキャベツの甘みが口の中に広がり、「あぁ、これは幸せかも… 」とうっとり。溢宝居を訪れるお客さんは、まず餃子と生ビールのセットを頼む人がほとんどだというのも納得です。油断したら、ついついもう1皿頼んでしまいそう。

 おいしさのいちばんの秘訣は、手間を惜しまずにすべて手作りしているから。豚挽き肉にキャベツとニラというシンプルな具材を7種類の調味料で味付けし、一つひとつ丁寧に包んでいます。坦々麺なども人気メニューのひとつですが、溢宝居で提供している料理は辛さを抑えたりして日本人好みの味付けに調整しているそう。「お客さんにアドバイスをもらったりもしているんですよ」と林さんの娘さんが教えてくれました。

溢宝居 特製風味の焼き餃子

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

溢宝居(いほうきょ)
溢宝居(いほうきょ)
住所 〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-5-7トキビルMAP
電話 03-3877-0441
営業時間 営業/11:00~15:00、17:00~22:30
定休日 不定休
その他 アクセス/都営新宿線「船堀駅」より徒歩1分 
メニュー/特製風味の焼き餃子300円、四川黒ゴマ坦々麺850円